サンキャッチャー 作り方 スワロフスキー ストラスビーズ
ホームサンキャッチャーの作り方

 スワロフスキー クリスタルビーズを太陽の光に当てるだけで キラキラと輝き 虹の粒のような反射がお部屋に広がり
 サンキャッチャーの効果を表します。
 簡単に作るなら トップになるスワロフスキーをチェーンやワイヤーで窓辺や太陽の光の当たる場所に吊るすだけで
 サンキャッチャーになります。
 製作にあたって気を付けていただきたいのは 経年で伸びたり切れやすくなるテグスや糸で吊るさないで 
チェーンやワイヤーをお使いください。 特に大きなビーズを使う場合はお気を付けください。

 せっかくお部屋に飾るなら 光が当たらないときもお部屋のアクセントとしてきれいなものを飾りたいという方は、
きれいな色のビーズや天然石を組み合わせて オリジナルの素敵なサンキャッチャーを作って飾れば 満足度もアップします。

 

 製作に関してのご相談があれば メールでお問い合わせください。

 mail@craft-ansan.ocnk.net

 御参考までに 

 アトリエAnsanの サンキャッチャーの作り方 です。

 A. チェーンとリングでつなぐ方法

 

 チェーンとリングを使う場合 材料のほかにニッパー先細ペンチをご用意ください。

 

 チェーンはこちらの小判チェーンをカットして リングでつなぎます。
 あらかじめ よく使う長さにカットしておくと作業が楽です。

 

 スワロフスキーをリングでつないでパーツを作ります。
 リングは丸リング10ミリを使っています。スワロフスキー用Cカンでもつなげることができます。
 リングの重なっている部分に ペンチの先を滑り込ませ 隙間を作って リングをスワロフスキーの穴に通します。

 

 パーツができたら 同じ要領でチェーンをリングでつなぎます。

 

 つないでいく作業は 上の部分からつないで 最後に一番下のメインになるスワロフスキーを付けるほうがやりやすいです。
 下からつなぐと作業中に大きなスワロフスキー
にキズがつく可能性もあります。

 B. ワイヤーでつなぐ方法

 

 ナイロンコートワイヤー カシメ玉 9ピンまたは針金  ニッパー 先細ペンチを用意します。 

 ワイヤーは出来上がり希望長さ+5cmくらいにカットします。

 

 9ピンか針金を曲げてフックを作ります。

 

 

 カシメ玉でフック ビーズをとめていきます。 カシメ玉は先細ペンチでしっかりとつぶします。

 

 

 一番下のメインビーズにワイヤーを通し しっかりとカシメ玉で止めます。

  

 作り方はコレ というのはないので いろいろ工夫してもっと素敵なのを作っていただけると思います。
 気をつけていただきたいのはパーツのボリュームと吊るすチェーン 金具 テグス ヒモなどの強度。
 長期間吊るしている間にのびたり強度が落ちることがあります。 
重さのあるビーズを使う場合はテグスを使わずチェーンやワイヤーで吊るしてください。 

 ガラス製品なので破損してケガをされたりしませんように。

 太陽の光がスワロフスキーにあたると小さな虹の粒がお部屋に映って 楽しい気分になります。 

 日が良く当たる窓辺に吊るして楽しんでください。

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス